• TETOTETO FACTORY

TETOTETO FACTORY はじまりのメッセージ



2019年の夏、TETOTETO FACTORYが生まれる1年以上前。

わたしたちは、なにから手をつけていこうか暗中模索の中、思い願うことをひとつのメッセージにまとめました。


TETOTETO FACTORYを生み出すまでの支えとなり、読み返すたびに変わらない気持ちを思い出させてくれます。


--------------------------------------------------------

わたしには、特別なことは何もできない。

ふつうに子育てして、仕事して、

泣いて、笑って、怒って、笑って。

ふつうの毎日を過ごしながら、少しでもいい大人として生きることで、

子どもたちや自分の未来を明るくできればと願っている。

でも、わたしたちの“ふつう”って、ホントは何なんだろう?


わが子の寝顔を見ながらふと思う。

今もどこかで、寒くて、お腹をすかせて、ひとりぼっちで泣いている小さな背中。

Because I am a mother.

その小さな体をあたためる愛は、ここにあるはずなのに。

大きなことはできないけど、この両手の届くところから、始めてみる。

まずは私と私のまわりの人が暮らす、小さな世界から。

そこに暮らす、愛する人たちと一緒に。

想像してみてください。

もしあなたが、誰かのことを愛しているなら。

もしあなたが、誰かに愛されたいと願うなら。

あなたの素晴らしい想像力は、きっと、世界をちょっとずつ優しくしてくれる。

今日もあなたが、誰かの大切な存在でありますように。


おおきな愛で、ちいさなことを。

TETOTETO FACTORY



閲覧数:106回0件のコメント

最新記事

すべて表示